30代後半 妊活

卵子凍結ってなに?

 

そもそも卵子凍結とは、女性の身体に中から未受精卵を取り出して冷蔵保存する技術です。冷蔵で保存して必要な時に回等。パートナーとの体外受精後に女性の身体に戻すのです。現在では既婚者女性よりも、独身女性が卵子凍結に興味をもっている人も多いみたいで、今はまだ仕事や恋愛が優先だけど、落ち着いたら妊活と共に冷凍保存していた卵子を使うって考えている女性は、男性が考えている以上に多いのです。

 

卵子凍結も若い方がGOOD

 

これも世知辛い現実ですが、卵子凍結に踏み切るためには、早い年代の方がより良い状態で卵子を保存できるのです。元々卵子は、誰しも加齢とともに劣化が始まってしまいます。「加齢か……」なんて考えると少し寂しいですが、こればかりはどうしようもならないのです。

 

さらに、冷凍凍結した卵子を使って人工授精で妊娠をしようと計画する時にも大きな問題が(;´д`)それが、子宮内の老化です。卵子は20代頃の女性ホルモンが多い時期に採取できるものの、子宮はそのまま加齢と共に、機能が低下します。

 

そこに冷凍保存をしてた卵子を戻しても、あまり良いコンディションに落ち着かないことも。それでも30代後半でも、将来子供を産みたい人は、妊活の1つに卵子の冷凍保存を視野にいれるのも良いですね(●’艸`*)

 

30代後半女性でも卵子凍結って出来る?

 

こちらは産婦人科によりきりだけど、推奨している医師もいます。産婦人科医は「若いうちに……」なんて言葉を濁す人もいるけれど、凍結保存できる点は心強いですね。だけど1点だけ重要な注意事項があります。卵子も年々老化していて、冷凍保存で卵子を凍結しても、劣化することはほぼ皆無ですが状態がよくなることは考え難いそうです(‘・_・`)

 

さらに手術を行うから、身体への負担も気になる所。将来的に子供を授かれる可能性は残っているけど、体への負担や金銭的負担など、まずは真面目に考えないといけないね。

 

まとめ

 

卵子の冷凍保存には、それぞれメリットやデメリットがあります。加えて卵子を採取する時には、女性の身体に負担がかかってしまうのです。今は働いているけど、将来的には子供を産みたい。そんな気持ちの人に、卵子の冷凍保存と人工授精の組み合わせは、とても良いと思います(o^ω^o)

page top